大阪の強豪校が開会式の日程を間違える!?その結末は・・・?

開会式

シード校がまさかの棄権!

全国高校サッカー選手権の予選大会の開会式で

シード校で出場するはずの大阪学院大高校(大阪府吹田市)の

顧問が開会式の日程を間違えたと不参加の理由を語った。

学校側は保護者に謝罪をした様だが、

高校サッカーの集大成でもある「全国高校サッカー選手権」の

不参加は見ている方も心が痛い。

大会運営側の措置は・・・?

大会運営にあたる大阪高校体育連盟の関係者によると

大会の開会式要項には、7人以上の出席がなければ大会を棄権になると明記されている。

6月の抽選会でも、その旨の説明があったという。

開会式の当日にも大会本部からの連絡はあったが、「忘れていた」事実が発覚し、棄権が成立した。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

TOBIGERI ONE 2021 全国大会

original

12.19 TOBIGERI ONE 関東 JPN

ポスターのコピー

YOSHIOKA CHIBA U-9 LEAGUE 7

JSSP TOP

スポンサードリンク

公式Facebook【tobigeri.jp】

公式Facebook【tobigeri festival】

スポンサードリンク

公式twitter

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る